スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芝生の張り替え準備

芝張り後2~3年で芝生が後退して、雑草に悩まされているお庭をよく見かけます。
こちらの芝生はカタバミというクローバーに似た雑草がはびこっていました。
既存芝生を剥ぎ取る前に除草剤で雑草ごと根こそぎ枯らすことにします。DSCN1109.JPG

1回目の除草剤散布後1週間の状態です。
もう1回除草剤をかけると完璧でしょう。

奥の雨水桝が窪んでいるのが気になるそうです。
片流れで奥から十分勾配が取れそうです。

50㎜のかさ上げアジャスターでかさ上げしましょう。DSCN1107.JPG
スポンサーサイト

方形でない敷地の芝張りⅡ

凝ったデザインのお庭にはデッキやテラスが配置され
芝生スペースが四角で無い場合が多くあります。

芝張り後3年ほどで芝生が後退して雑草が目立つようになり
張り替えのご依頼です。

DSCN1076.JPG

既存の芝生を剥ぎ取り、真砂土の上に芝生を直接置いて並べただけの施工なので
完熟堆肥などの土壌改良剤を混合して耕します。

DSCN1087.JPG














あらかじめ水勾配などを考慮して整地して、土壌改良剤がなじむ期間をおいてから芝生を張ります。
タイルデッキの角から張り出すなど、なるべく芝生を切らなくて済むような工夫が
必要となります。

DSCN1104.JPG

芝張り後の生育や見映えがいいように小さな端材は使わないようにします。

DSCN1105.JPG

目土を入れ、たっぷりと潅水をして完成です。

DSCN1106.JPG

根付くまでの間は毎日でも水をかけてください。

芝張り後4週目

芝生張り替えのために、既存芝生剥ぎ取りから床土つくりの
準備を済ませ、4月上旬に高麗芝を張りました。
ちょうど芝生を張って、4週目の状態です。


DSCN1035.JPG
















DSCN1084.JPG


お施主様に丁寧に水をやっていただいたので、しっかりと根付いています。
もう、5センチくらいの高さまで伸びています。
1回目の芝刈りと施肥のタイミングですね。


DSCN1045.JPG














DSCN1083.JPG

芝生はできるだけこまめに刈りましょう。じゃんじゃん刈って短く密生させることが
美しい緑のじゅうたんを手に入れるコツです。

また芝生は刈られると消耗しますので、肥料を与えてください。
梅雨の長雨時と真夏は控えるようにしましょう。

方形ではない敷地の芝生張り

デザインに優れたお住まいは三角や円を取り入れている場合がありますが
このような場合の芝生張りでも計画的に基準線を何度か張りなおせば
スムーズに施工できます。

土壌改良剤などを施し、あらかじめ準備しておいた床土を
レーキや定規板でキレイに整地します。

DSCN1031.JPG


370×300の芝生サイズを考慮して、水糸で基準線を張りそれに沿って芝生を並べます。
三角に切ったターフが必要ですが、端材は使わず大きく切って使います。



DSCN1032.JPG
















DSCN1033.JPG

再度、基準線を張りなおして、芝生を張ります。
大きなケヤキの株元は空けます。



DSCN1034.JPG














べた張りで芝生を並べたら、目違いを直し床土と密着させるように両足で


踏締めて軽く転圧をします。DSCN1044.JPG














DSCN1045.JPG

樹木の株元にマルチングを施して、芝生の厚みと同一にします。
目土が目地から床土と芝生の隙間に流れるように、潅水します。

DSCN1046.JPG















DSCN1047.JPG

目土が白く乾いたら、水遣りのサインですが、
根付くまでは毎日水をかけても大丈夫です。

DSCN1049.JPG

梅雨前の今こそ、芝生張りの適期です。

GW前に南面の日当たりが良いお庭で芝生張りです。


P1100477.JPG

整地を済ませて、完熟たい肥や有機肥料、化成肥料などの
土壌改良材や元肥を敷き均し、散布します。

P1100454.JPG













P1100456.JPG

耕運機で耕耘、かくはんをして通気性や透水性、保肥力が増した
フカフカの土にします。
P1100458.JPG

フカフカの土のままでは凸凹になりやすいので、軽く転圧をします。
ローラーなどを用いない場合は板などを使うと均一の圧力で締固めることが出来、
トンボやレーキで均して芝生の床土の出来上がりです。


P1100459.JPG














P1100460.JPG

水糸を張った基準線に沿って高麗芝のソッドをべた張りで並べます。P1100461.JPG

凸凹を無くし、ソッドと床土がなじむように板を使って転圧をします。



P1100463.JPG

芝生を並べ終えたところから目地に目土を入れ、

P1100465.JPG

目土が芝生と床土の間に入ってゆくようにたっぷりと水を撒いて


P1100473.JPG

芝生は乾燥が大敵です。今の時期は根付くまで毎日でも水を与えてください。


P1100475.JPG

個人住宅や企業庭園の手入れ管理の専門店の宮原福樹園がお客様のお庭の芝をフカフカで青々と育てるコツを教えます!隣の芝よりも青い!家族だけの芝庭園。

プロフィール

0321kobuta

Author:0321kobuta
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
会社概要
宮原福樹園
〒818-0134 福岡県太宰府市大佐野2-14-18
TEL:0120-976-187/FAX:092-918-6735
営業時間:月~土(8:00~17:00)
定休日:日曜・祝日
お問い合わせ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。